中野皮膚科クリニック 医療法人社団 慈泰会のホームページです

ご予約・お問合せ 03-5342-0722 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第50回基底細胞がん」2018年10月13日号の「リビング東京副都心」に掲載されました。

目の下のホクロが大きくなってきて気になります
基底細胞がんの可能性も

目の下や鼻の下にできたホクロ状のもの。次第に大きくなるようなら基底細胞がんの可能性があります。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で中野皮膚科クリニック院長の松尾光馬先生に、基底細胞がんについて聞きました。

―どんな病気ですか?
「基底細胞がんは皮膚がんの一種で、60代以上の高齢者に多くみられる病気です。目の下や鼻の下など顔の中央部分にできたほくろ状のものが数年かけて大きくなり、ボコボコと盛り上がったかたまりになります。初めはホクロに似ていますが、だんだん中心部がく ぼんで潰瘍(かいよう)になります。表面に光沢があるのが特徴。これが結節型と呼ばれるタイプです。斑状強皮症型という黒みが少なく境界が分かりにくいタイプもあります。痛みやかゆみなどは通常みられません」

―治療法は?
「できたばかりのときはホクロとよく似ていますが、ダーマスコープという特殊な拡大鏡でみると鑑別はそれほど難しくありません。治療としては手術で皮膚の病変を切り取ります。基底細胞がんはメラノーマと違ってほとんど転移することがなく、基本的に命に関わ ることはありません。ただ、放置すると大きくな っていき、皮膚の下にも浸潤していくので、気になるようであれば皮膚科を受診してください。大きくなると切除する部分が多くなるので、早めに治療することをお勧めします」

20181013_PDF

医院のご案内

中野皮膚科クリニック

診療科目

一般皮膚科、形成外科
美容皮膚科、小児皮膚科

お問合せ

03-5342-0722

アクセス

中野駅南口より徒歩2分
東京都中野区 中野2-30-3
マルニビル 5F

採用情報

医療コラム

AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック

立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター

皮膚科形成外科武蔵小杉 武蔵小杉駅徒歩2分

美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック

とだ皮膚科クリニック

新座皮膚科クリニック

みたかの森 こころのクリニック

ページトップ