中野皮膚科クリニック 医療法人社団 慈泰会のホームページです

ご予約・お問合せ 03-5342-0722 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第20回口唇ヘルペス」2016年4月23日号の「リビング東京副都心」に掲載されました。

唇の周りに赤い水ぶくれができました
口唇ヘルペスの場合は抗ウイルス薬で治療します

唇のまわりにできる口唇ヘルペスについて、日本皮膚科学会皮膚科専門医の中野皮膚科
クリニック院長の松尾光馬先生に聞きました。

— どういう病気ですか?
「唇の周りが赤くはれ、じくじくした水疱がいくつも集まってでるのが特徴です。水疱は1週間から10日程度続きます。“風邪の華”ともいわれ、熱がでたときや歯科治療の後、
強い紫外線を浴びたときなど、外的な刺激で免疫が低下すると発症しやすくなります」

— 原因は?
「単純ヘルペスウイルス1型に感染することで起こります。初感染では症状が出ず気づかないことも多いのですが、顔の三叉神経に潜伏して局所の免疫が下がると再発します。
また、初感染で症状がでると発熱や痛みなどを伴い重症化することも。20代の3割、 40代の5割がウイルスを保持している、比較的多い病気です。ふつうのウイルスは
抗体を持つと再発しませんが、口唇ヘルペスウイルスは、潜伏して何度も繰り返し再発
するのが特徴です」

— 治療法は?
「皮膚科では抗ウイルス薬を内服して治療します。発症したら患部を清潔にし、早めに
治療することが大事。唇の周りがピリピリしてかゆみを感じ始めたら半日以内に赤くはれ始めます。自然に回復することもありますが、抗ウイルス薬で治療することでウイルスの保有量を減らし、再発予防の効果が期待できます。再発を繰り返すと水ぶくれなどから
2次感染し、皮膚に痕が残ることもあるので、早めに治療することをおすすめします」

20160423_PDF

医院のご案内

中野皮膚科クリニック

診療科目

一般皮膚科、形成外科
美容皮膚科、小児皮膚科

お問合せ

03-5342-0722

アクセス

中野駅南口より徒歩2分
東京都中野区 中野2-30-3
マルニビル 5F

採用情報

医療コラム

AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック

立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター

皮膚科形成外科武蔵小杉 武蔵小杉駅徒歩2分

美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック

とだ皮膚科クリニック

新座皮膚科クリニック

みたかの森 こころのクリニック

ページトップ