中野皮膚科クリニック 医療法人社団 慈泰会のホームページです

ご予約・お問合せ 03-5342-0722 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第36回あせも (汗疹)」2017年8月19日号の「リビング東京副都心」に掲載されました。

ポツポツとした赤いあせもができました
放っておかず炎症を鎮める処置を

夏にできやすいあせも(汗疹)について日本皮膚科学会認定皮膚科専門医で中野皮膚科クリニック院長の松尾光馬先生に聞きました。

―どんな症状ですか?
「医学的には汗疹(かんしん)といい、乳幼児や子どもに多い疾病です が、大人にも発症します。たくさんかいた汗で汗腺・汗管が詰まることが原因です。
汗疹には汗が詰まる皮膚の深さによって3タイプあります。
表皮の浅い部分(角層)の汗腺が詰まってできる水晶様汗疹は直径1~3㎜程度の小さな水疱で、かゆみもありません。
表皮の深い部分(有棘層)の汗腺が詰まるのは紅色汗疹。赤いポツポツした発疹とのっぺりした赤みがあり、一般的にあせもと言われるもの。首や手足の関節、背中などに好発し、軽いかゆみを伴います。
もっと深い真皮の上層部分の汗管がふさがれるのが深在性汗疹。のっぺりと盛り上がり、かゆみはありません。日本よりも高温多湿の地域でみられます」

―治療法は?
「水晶様汗疹は2、3日で自然に治るので特に治療は必要ありません。
紅色汗疹の場合は、ひっかいたりするとブドウ球菌などが肌に付着してとびひのように化膿したりするケースもあります。ステロイド外用剤を塗って皮膚の炎症を鎮め、かゆみ止めを内服します。皮膚の炎症があるときは放っておかず、早めに皮膚科で治療を受けましょう」

20170819_PDF

医院のご案内

中野皮膚科クリニック

診療科目

一般皮膚科、形成外科
美容皮膚科、小児皮膚科

ご予約・お問合せ

03-5342-0722

アクセス

中野駅南口より徒歩2分
東京都中野区 中野2-30-3
マルニビル 5F

採用情報 医療コラム

AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック 立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター

皮膚科形成外科武蔵小杉 武蔵小杉駅徒歩2分


美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック


とだ皮膚科クリニック

ページトップ