中野皮膚科クリニック 医療法人社団 慈泰会のホームページです

ご予約・お問合せ 03-5342-0722 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第37回色素性痒疹」2017年9月16日号の「リビング東京副都心」に掲載されました。

ダイエットを始めたらかゆみのある湿疹ができました
色素性痒疹は色素沈着しやすいので早めの治療を

強いかゆみを伴い、うなじなどに赤く広がる色素性痒疹(ようしん)について、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、中野皮膚科クリニック院長の松尾光馬先生に聞きました。

—どんな病気ですか?
 「色素性痒疹は、1970年代に報告された比較的新しい疾患です。うなじや胸、背中など上半身に、虫刺されのような紅色丘疹(きゅうしん)ができ、広がっていきます。
強いかゆみを伴い、何度も発疹を繰り返して広がり、色素沈着を起こします。虫刺されやかぶれ、汗もなどにも似ていますが、左右対称にできやすく、網目状に広がるのが特徴です。10〜20代の若い女性に多いのですが、男性や中高年の女性にも発症します」

—原因は?
「 “ケトーシス”があげられます。ケトーシスとは、ダイエットなどで極端に糖質の摂取を減らしたりすると、糖質の代わりにエネルギーとして脂肪が分解されることにより生じる状態です。これが発疹を誘発する原因の一つとなります」

—治療法は?
「テトラサイクリン系抗生物質やジアフェニルスルホンという抗菌剤を2週間から1カ月服用します。糖質不足にならないよう、バランスの良い食事をするよう指導します。
放っておいて色素沈着を起こしてしまうと元の状態に回復するのが難しいので、かゆみの強い紅色丘疹ができたときは早めに皮膚科を受診し、治療しましょう」

20170916_PDF

医院のご案内

中野皮膚科クリニック

診療科目

一般皮膚科、形成外科
美容皮膚科、小児皮膚科

ご予約・お問合せ

03-5342-0722

アクセス

中野駅南口より徒歩2分
東京都中野区 中野2-30-3
マルニビル 5F

採用情報 医療コラム

AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック 立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター

皮膚科形成外科武蔵小杉 武蔵小杉駅徒歩2分


美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック


とだ皮膚科クリニック

ページトップ