中野皮膚科クリニック 医療法人社団 慈泰会のホームページです

ご予約・お問合せ 03-5342-0722 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第71回 眉間のしわ」2020年7月24日付「リビング東京副都心 」に掲載されました

眉間のしわが気になってきました                                                                             A型ボツリヌス毒素注射で治療します

 

年齢を重ねるとともに、額や眉間、目尻のしわが増え、だんだん深くなっていくー写真や鏡を見るたびに気になるしわの治療について、日本皮学会膚科認定皮膚科専門医で中野皮膚科クリニック院長の松尾光馬先生に聞きました 。

 

―額や眉間のしわについて教えてください 

 

”表情じわ“とも呼ばる眉間や額などにできるしわは、表情筋の収縮によってできます。 乾燥によって皮膚表面にできる浅くて細かい“乾燥じわ“や、 加齢や紫外線などによって真皮のコラーゲンやエラスチンとといった弾力線維が失われてできる” ほうれい線 “とは原因が異なります。眉をひそめる、目を開くときに額に力を入れるなど、表情のクセがあると、やがて表情を戻してもそのまましわとして残ります。」

 

ー治療法は?

 

”表情じわ”は、A型ボツリヌス毒素での治療があります。注射でA型ボツリヌス毒素を注入することによって筋肉を弛緩させ、表情筋の動き抑えて眉間や額などのしわを改善する方法です。注射後2~3日すると効果が現れはじめ、通常3~4カ月程度持続します。その後は徐々に元に戻っていきます。この治療は保険適用外になるため、当院では眉間1回で税別 (3万4000円)です。どの程度目立たなくするかなど、まずは皮膚科の医師に相談してください。」

 

20200724中野皮膚科クリニック様_vol71

医院のご案内

中野皮膚科クリニック

診療科目

一般皮膚科、形成外科
美容皮膚科、小児皮膚科

お問合せ

03-5342-0722

アクセス

中野駅南口より徒歩2分
東京都中野区 中野2-30-3
マルニビル 5F

採用情報

医療コラム

分院マップはこちら

AACオンラインショップ

ページトップ