中野皮膚科クリニック 医療法人社団 慈泰会のホームページです

ご予約・お問合せ 03-5342-0722 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第72回 大人にきび」2020年8月28日付「リビング東京副都心 」に掲載されました

頬やあごににきびが増え、繰り返しできます                                                                 状態に合わせた治療を受けることが大切

 

大人になってもにきびに悩まされることがあります。にきびの治療ついて、日本皮学会膚科認定皮膚科専門医で中野皮膚科クリニック院長の松尾光馬先生に聞きました 。

 

―にきびはどうゆう症状ですか?

 

「にきびは、毛穴に皮脂が詰まった面ぽうから始まります。毛穴の表目に白っぽく皮脂がたまった状態を閉鎖面ぽう、毛穴が開き、皮脂が酸化して黒っぽくなった状態を開放面ぽうといいます。さらに炎症が進むと赤くなったり、化膿することもあります。にきびは皮脂の分泌が多い思春期に発症しやすい疾患ですが、大人になってもストレスや不規則な生活、睡眠不足、生理前などでホルモンのバランスが崩れるとできやすくなります

 

ーどのような治療がありますか?

 

「毛穴の詰まりを取るアダパレン製剤と抗菌作用がある過酸化ベンゾイル製剤を、炎症のある・なしなどににきびの状態を見ながら組み合わせて治療します。いずれも塗り薬で、過酸化ベンゾイルは2015年に承認された薬です。炎症が強いときは、抗生物質の内服し炎症を抑えます。保険適用の漢方薬も選択肢の一つです。にきび跡の赤みにはレーザー治療を行うことも(自由診療・1部位6,000円)。にきびは放置せず、炎症が悪化する前に治療を行い、治療中は肌を清潔に保つようにしましょう

 

20200925中野皮膚科クリニック様_vol72

 

医院のご案内

中野皮膚科クリニック

診療科目

一般皮膚科、形成外科
美容皮膚科、小児皮膚科

お問合せ

03-5342-0722

アクセス

中野駅南口より徒歩2分
東京都中野区 中野2-30-3
マルニビル 5F

採用情報

医療コラム

分院マップはこちら

AACオンラインショップ

ページトップ