中野皮膚科クリニック 医療法人社団 慈泰会のホームページです

ご予約・お問合せ 03-5342-0722 休診日 日曜日・祝日

医療コラム

「第2回しみ」2014年10月25日号の「リビング東京副都心」に医療コラムが掲載されました。

頬に茶褐色のシミができました肝斑でしょうか?
自己判断せずに皮膚科の診断を受けましょう


30代以降の女性に多い肝斑について、中野皮膚科クリニックの松尾光馬院長に聞きました。—肝斑はどんな特徴のあるシミですか?
「肝斑は、薄い褐色のシミで、左右対称にあらわれるのが特徴です。ほお骨のあたりのほか、額、唇の周辺など、人によってあらわれ方はさまざまです」

—原因は何ですか?
 
「30代以上の女性に多く、ホルモンバランスの崩れや紫外線、ストレスなどが原因だと言われています。また、ゴシゴシとこする洗顔など、外的刺激でも悪化します」

—肝斑の見分け方は?
 
「間違いやすいのはADM(後天性真皮メラノサイトーシス)。雀卵斑(そばかす)や老人性色素斑などとも似ていますが、治療法が異なるので、自己判断せずに皮膚科の診断を受けるようにしましょう」

—治療法はどんなものがありますか?
 
「メラニンを作る機能を抑えるトラネキサム酸を服用します。症状によってはビタミンC、ビタミンEも一緒に服用、外用薬も処方しています。改善がみられない場合は、レーザ治療(自由診療。1回1万7280円)を試みることもあります。これまで肝斑にレーザー治療は禁忌と言われてきましたが、最近はレーザーによる治療効果が報告されています。治療した後は、なるべく紫外線を避けるようにし、皮膚をこすらないスキンケアを心がけましょう」

医院のご案内

中野皮膚科クリニック

診療科目

一般皮膚科、形成外科
美容皮膚科、小児皮膚科

お問合せ

03-5342-0722

アクセス

中野駅南口より徒歩2分
東京都中野区 中野2-30-3
マルニビル 5F

採用情報

医療コラム

AACオンラインショップ

関連医院のご案内

立川皮膚科クリニック

立川皮膚科クリニック附属 アクネケア&アンチエイジングセンター

皮膚科形成外科武蔵小杉 武蔵小杉駅徒歩2分

美容皮膚科,美容外科,麻酔科,東京赤坂クリニック

とだ皮膚科クリニック

新座皮膚科クリニック

みたかの森 こころのクリニック

ページトップ